候補を考えてみる | 赤ちゃんに名前をつけるときは、姓名判断に任せてみよう

© 赤ちゃんに名前をつけるときは、姓名判断に任せてみよう

候補を考えてみる

タロットカード

赤ちゃんの名前を姓名判断サイトで占いながら決めてほしいと思いますが、もちろん姓名判断サイトを使うときはあらかじめ候補となる名前を決めておかなければいけません。
つまりそれが大前提となってしまいますので、そこから躓いてしまうという人もいるでしょう。

まず赤ちゃんにつける名前というのは、もちろん誰しも何かしら由来となるものがあります。
何も由来がなくパッと思いついた名前を使うという人はあまりいませんし、そういうつけ方をしてしまったらあとから説明することもできなくなるでしょう。
だからできるだけ赤ちゃんの名前をつける際には、なにかしら由来が欲しいところです。

では一般的にはどんな由来によって名前がつけられているのか?
たとえば今でもよく見かけるのが「両親の名前に関連するような名前」です。
つまりあなたの名前から関連されるような漢字や言葉から名前をつける人がたくさんいます。
これならある程度つける名前を絞ることができるので、時間をかけずにスムーズにいい名前が思いつきやすいと思います。

そしてもうひとつよくあるパターンが「季節から連想されるような名前」です。
たとえば春樹とか千夏など、春夏秋冬に関連できるような言葉から名前を考える人は多いです。
もちろんその際には赤ちゃんが生まれる季節に沿ってつけるのがいいでしょう。
季節から名付けるパターンはかなりオシャレでかつ無難なものになりやすいので、どうしても自力で出てこない場合はおすすめのつけ方だといえます。

上記のいずれかで名前を考えれば、きっとあなたも何かしらいい名前の候補が思い浮かびやすくなるでしょう。